洗いすぎて臭くなるって本当?デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンの洗いすぎでにおいが強くなる

ネットで探しているとデリケートゾーンを洗いすぎると逆に臭くなるという記事をよく見かけます。
本当にそんなことがあるのでしょうか。

 

デリケートゾーンの洗いすぎでにおいが強くなる

 

これは本当のことです。
洗いすぎるとよい菌が洗い流されて雑菌が繁殖してしまいます。

 

洗いすぎて臭くなるって本当?デリケートゾーンの正しい洗い方

 

デリケートゾーンにはいい匂いだしてくれる表皮ブドウ球菌という善玉菌が住んでいます。

 

この菌は臭いを出してしまう黄色ブドウ球菌などと違って、
デリケートゾーンが清潔に保たれるために必要な菌です。

 

またデリケートゾーンにはデーデルライン桿菌と乳酸を作る菌がいて、
これも室内の状態を保ってくれる良い菌です。

 

そこでデリケートゾーン洗いすぎるとどうなってしまうんでしょうか。
実はアルカリ性で強いボディソープなどを使うと、これらの善玉菌が99%汚れと一緒に取れて落ちてしまいます。

 

そうすると善玉菌がいなくなったデリケートゾーンでは雑菌が繁殖します。

 

洗いすぎで雑菌が繁殖!?

雑菌繁殖と臭いはどういう関係があるのでしょうか。

 

実は分泌物は最初からに嫌な臭いを放っているのではありません。
この悪い菌が分解して腐敗させることであの嫌な臭いを発生させているのです。

 

ですので石鹸で洗いすぎる=悪玉菌を増やしてしまうこと
この仕組みで臭いが臭くなってしまうのです。

 

デリケートゾーン用の専用のウォッシュオイルや石鹸などは、
この善玉菌を落とさないような仕組みになってい臭いの悩みを解決してくれます。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方

 

デリケートゾーンの正しい洗い方はまず一番にゴシゴシ洗わないこと
やさしく丁寧に洗います。

 

具体的には石鹸や専用洗剤などまず泡立て、ネットやスポンジなどで泡立ててデリケートゾーンに塗ります。

 

そして陰毛から順番に前から後ろへ順々に洗っていき最後に肛門洗います。

 

この時爪を立て立てたりせず手の指の腹でやさしく洗います。ここで溝の部分なども丁寧に洗っていきます。

 

大陰唇と小陰唇の間の溝は恥垢がたまりやすいので、丁寧に洗い最後にシャワーでよくすすぎます。

 

くれぐれも前から後ろにお風呂用のタオルを当てて前後に擦るような洗い方はしないようにしましょう。

 

またデリケートゾーン石鹸は外陰部用に作られているので、膣の中に入れて洗ったりするのやめましょう。

 

 

体もデリケートゾーンも洗いすぎはよくない

 

これは実はデリケートゾーンに限った話ではなく身体全体にも言えることです。

 

体の表面には善玉菌と悪玉菌がいます。
そしてゴシゴシ洗ってしまうと強い皮膚でさえ善玉菌が落ちてしまい悪い菌が増え、臭いが発生してしまいます。

 

臭いを気にしている方は石鹸をたくさんつけてしっかり丁寧に洗う傾向があります。

 

ですので臭いがするからゴシゴシ洗う
ますます肌の状態が悪くなってよけいたくさん洗いたくなる
この悪循環です。

 

ある時、洗いすぎが良くないということを知って、
毎日2回入浴していたのを、二日に1回にしたら、においが軽くなった、
脇を洗いすぎていて、デオドラントと石鹸を使いすぎていて、やめたらにおいが少なくなった、
そういう体験をしている方も少なくないのです。

 

ですのでデリケートゾーンの臭いが気になる方はもっと洗いたいの我慢して皮膚が回復するのを待ちましょう。