陰部 臭い 石鹸

陰部の臭いはデリケートゾーン専用石鹸で解消

この汗止めスプレーには皮膚を収縮させて汗を減らす効果と、
臭いの原因になる菌の繁殖を抑えるという2つの役割があります。

 

陰部が臭いのを石鹸で解消できる?

 

スプレーにはメリットとデメリットがあって長い間使い続けていると薬のせいで皮膚炎を起こすなどのデメリットがあります。

 

また重症なワキガの人が使うとすそわきがの臭いがますます悪化して、
一層深いの臭いなってしまうということもありますのであくまで対症療法のため

 

 

電気凝固法

脱毛方法で汗を止めるもう少し長期間効果がある対策で、
しかし永久的ではない大切に電気凝固法という方法があります。

 

これは細い電極針を脇毛の一本一本にさして電気を通してアポクリン塩焼きってしまうということです。

 

こうすると脱毛することもでき陰毛を脱毛することもでき、
そしてアポクリン腺破壊されてすそわきがの臭い一時的な治療方法であるものの、
アポクリン腺を取り除かないため一時的に効果はありませんが安全なので人気があります。届かないため

 

 

絶縁針を使った新しい方法絶縁針を使った新しい方法で5ミリ以上を確保するようになってからすそわきがの治療に電気凝固法が活用されています。
これらは完全ではありませんがある程度臭いを抑えることができます。

 

 

ボトックス治療

ボトックスの注射はボツリヌス菌という毒素注射する方法です。
これを注射するとすそワキガの脇の汗が6割から7割程度減少しそれで、
臭いも6割から7割程度を抑えることができます。

 

気になる効果の持続時間ですが、これは半年から1年ぐらいと言われています。ここで紹介した電気除去方法とボトックス治療は永久的な対策方法ではありませんが、
有効性が確立されていて安全も高いので手術するほどではないけれどデオドラントでは効果がないという方は視野に入れておくべき治療方法でしょう。

 

 

手術をすること

陰部が臭いのを石鹸で解消できる?

 

すそワキガを完全に治すには非直視下手術・非直視下手術

 

直視下手術は永久的な根本治療です。

  • ポイントは臭いが完全に取れる
  • 汗が絶対出る副作用がなくて
  • 安全性が確立されている
  • ワキガ再発しない
  • 傷跡がよく見えない
  • 時間が少なくしかかからない

 

 

全部を見出すのは大変なのでまず大切なのは、アポクリン腺を根元まできれいに外にの取り除くことです。
これは直視下法直視下手術法と言われていて、
医者が自分の目でわきが腺を見ながら1つ1つ取り除いていく治療方法です。

 

 

機械的方法

機械的方法は傷跡が目立たなくて簡単に短い時間で出来る
というメリットのある治療方法で機械を使って患部を見ないで治療していきます。

 

 

色々なワキガの治療方法

皮下組織掻爬法

皮下組織掻爬法
はいい人言う刃物で左側に線を書き出す方法です。
現在はほとんど怒られていません

 

 

63ページにより

皮下組織削除法

皮下組織削除法はアポクリン腺を書き出す方法で、ローラのような刃物でアポクリン腺を書き出します。
これは治療方法が難しくて新米の医者ではできない方法です。

 

間違ってしまうと皮膚が裂けたり神経を傷つけたりしてしまう恐れがあるからです。

 

皮下組織吸引法

これは美容外科で行っている脂肪吸引と同じような考え方で行われています。
吸引機で遅くリンス安い出す方法です。

 

この治療方法でアポクリン腺を吸い出すと完全に、
アポクリン腺を取り除けないというデメリット再発するリスクエクリン腺がテキストできないので汗が減らないなどのデメリットがあります。

 

直視下手術法

直視下手術法はお医者さんが手術するところを自分の目で見ながら手で手術して行く方法です。

 

デリケートゾーンが臭い