原因別デリケートゾーンのにおい対策!あなたのタイプはどれ?

あなたのにおいの原因はどれ?

デリケートゾーンの悩みで一番多いのはにおい

 

においが気になる方はどうやって対策しているかアンケートを取ったところ、
一番多かったのはお風呂でよく洗うや、おりものシートを使うという対策
ナプキン、パンティライナーをこまめに交換したり
温水便座のビデ機能を使ったりといった対策方法でした。

 

お風呂でよく洗いさえすれば臭いは取れるあなたはそう思っていませんか。

 

実は原因によって対策方法は変わってきます
もしかしたら今している方法が全然効果がないかもしれません。

 

すそわきがや汗におっている場合

すそわきがの汗でにおっている場合、いくらビデで洗浄しても臭いがとれてくれません。

 

というのは臭いの原因が汗にあるから
対策方法は汗を止めること、そしてかいてしまった汗を雑菌が繁殖しないように殺菌してしまうこと。

 

おりものが原因でにおっている場合

 

おりものが原因の場合はビデで洗浄したり、おりものシートをマメに取り替えるのが効果的
オリモノが原因の時は汗を止めるスプレーを使うよりも出てきてしまった分泌物を処理する方法が効果的です。

 

 

でも汗をかいたら誰しもにおいます。
すそわきがなのかそれとも普通の汗が原因なのか、それともおりものが原因なのかどうやって区別したらいいのでしょうか。

 

判別方法

実は区別できる簡単なポイントがあります。
それは臭ってくるタイミング

 

ご存知の通り、スソワキガはワキガと同じ仕組み
アポクリン腺の汗が殺菌によって分解されることで起ります。

 

雑菌が汗を分解するのにかかる時間は3時間程度
つまりすそわきがや汗が原因の場合は、お風呂に入って体を綺麗にしてから3時間はにおいがしないはずなのです。

 

お風呂に入ってすぐににおいがしてくるというのは、おりものが原因のことが多く、
お風呂から上がって数時間経ってからだんだん臭ってくる場合は汗やすそワキガがが原因と考えられます。

 

他にデリケートゾーンが臭う原因としては膣炎や性病などが挙げられます。

 

病気が原因

例えばトリコモナス腟炎や萎縮性膣炎・非特異性膣炎などでは明らかに膿のようなニオイがしたり魚臭いにおいがしたりします。

 

このような病気にかかっている場合は大抵がおりものの異常があります。
色がおかしかったり泡が立っていたりそういう場合は病院を受診しましょう。

 

洗いすぎでにおってしまう場合

においを取ろうとして強く洗いすぎたり、必要な皮脂や分泌物を落としてしまうと逆に臭いが悪化してしまうことがあります。

 

対策方法としては洗いすぎないこと
専用石鹸を使っていない場合は、専用石鹸でケアすることデリケートゾーンに潤いを保っておくこと

 

生理の時に臭いが強くなる

これはおりものが臭う時と同じように雑菌が増えて起こる雑菌臭です。
特に生理の時は分泌物が多いのでいわば、雑菌のの餌が大量にある状態
においが起こりやすいのです。

 

ナプキンをまめに交換してる方がほとんどだと思いますが、目安としては3時間に1回以上取り替えることが必要

 

これは雑菌が繁殖するまで3時間かかるためです。

 

ナプキンを交換しているのににおってしまうむれがどうしても防げない、
そういう時は膣の中から臭いの物質を排出してくれる専用ビデオを使うという対策方法もあります。

 

生理中におっているのは経血ですので、経血を早く外に排出することができれば、においのする期間が短くなって不快感も少なくなります。

 

デリケートゾーンは普段から多少の臭いがあって当たり前の場所
尿やおりものや汗などがたまりやすいところです。
それでどうしても雑菌が繁殖して臭ってしまいます。
ある程度は仕方がないことと割り切ることも必要です。

 

どんな原因のにおいでも共通で大切なことがあります
それは

  • 清潔にすること
  • デリケートゾーンを湿ったままにしないこと
  • 日頃のお手入れを正しい方法で行うこと

 

特にいつも臭いが気になったり、よくかゆみで悩まされるそんな方は、ケアが間違っていて、デリケートゾーンが荒れてしまっている場合が多いです。

 

それで、正しい方法でお手入れすれば、においやかゆみといったトラブルが減ってくれる可能性は高いのです。