20代も要注意!ホルモンバランスの乱れでデリケートゾーンが臭くなる

ホルモンバランスの変化とデリケートゾーンのにおい

誰でも月経周期で変化

 

20代も要注意!ホルモンバランスの乱れでデリケートゾーンが臭くなる

 

生理周期で臭いが変わります。
生理前になるとホルモンの影響で皮脂腺が刺激され皮脂が多く出るようになります。

これが多いと出口が詰まって脂肪酸が酸化し臭いが強くなります。

 

特にワキガ体質の人は生理が近づくと臭いが強くなりがち

 

しかし嗅覚もホルモンバランスで変化していて、生理前は臭いに敏感になるため、それでにおいが強く感じられるという説もあります。

 

 

30代・出産でおりものやにおいが増加

30代に女性の女性ホルモンの量が一番多くなります。
また出産でホルモン量が変動
それで多くなるのがおりものや臭いの悩み

 

 

ストレスが原因のホルモンバランス乱れ

 

20代でも注意、ストレスが多いとホルモンバランスの乱れ臭いが強くなります。
これは体臭でも言われていて体臭の場合もストレスが高いと臭いが強くなります。

 

ストレスがかかると臭いが強くなるというのはこんな仕組みです。

 

  1. ストレスが多いと活性酸素が発生
  2. 活性酸素が発生すると過酸化脂質が増加
  3. この過酸化脂質が臭いがする物質が増加

 

臭いの原因となる活性酸素ができる一番の原因はストレス

 

ストレスを減らすことはホルモンバランスを正常にするというだけでなく、
直接デリケートゾーンのにおい対策にも大切です。

 

ダイエットのしすぎでホルモンバランスの乱れ

痩せすぎの若い女性が増えています。
痩せすぎとはBMI18.5以下の方

 

ダイエットのしすぎで女性ホルモンは乱れます。

 

女性ホルモンは普通1か月ごとに量が変化していて、生理前になるとホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、そこから多く皮脂が分泌されて臭いが強くなります。

 

ダイエットのしすぎで女性ホルモンが乱れると、生理前と同じようにデリケートゾーンの臭いが強くなります。