オリモノがなぜか増える原因!もしかしてこれは病気?

おりものが多いのは病気?

おりものが普段より多いと病気なのではないか
なぜこんなに多いんだろうと心配になります。

 

特に10代から20代に上がる時、20代から30代の上がる時
ホルモンの量の変化で水のようなおりものがたくさん垂れるくらい出るようになったりして、不安になることが多いものです。

 

おりものが増える原因

 

おりものの量は個人差があり、また年齢でも20代より30代の方が圧倒的に多くなり一概にこの量が病気だということできません。

 

 

そこで病気でおりものが増えているのか、年齢の問題なのか、生的な原因で多くなっているのか見極めるポイントをチェックしましょう。

 

 

病気かどうかの目安

  • おりものシートでは足りなくなってしまう
  • 色がおかしい時
  • 臭いがおかしい時

 

生理的で心配のないおりもの

  • オリモノにくさい臭いがなく、ほんのり甘酸っぱい臭いがするとき
  • 色が透明から少し白色でポロポロにまとまったりしていない時
  • デリケートゾーンにかゆみや痛みなどがない場合

ほとんどは心配のない生理的なおりものの増加です。

 

特に生理の間の排卵期の頃は粘っこい透明な水っぽいおりものが大量に出るのですが自然なことです。

 

病気で起こるおりもの

正常なおりものと病的なおりものの区別
おりものの量が多くて臭いや色は変だったら病気のサインかもしれません。

 

おりものはカンジダのような膣炎や、トリコモナス症やクラミジアなど性感染症で増えることがあります。

 

クラミジア感染症
黄色っぽい色のおりものが大量に出る
おりものが増えるだけで他に症状はないので感染に気付かないことが少なくありません。

 

他にカンジダ膣炎
白っぽいポロポロとしたおりものが増える

 

トリコモナス腟炎
外陰部がものすごく痒くなる黄緑色の泡が立ったおりものが出る

 

淋病
感染から1週間ほど経って悪臭のある黄色い膿のようなおりものが増えてきます。

 

自分のおりものの量が多いかもしれないと心配するまたは多いです。が大抵は正常な範囲です。色や臭いに変化がなければ病気の可能性は低く個人差の範囲です。

 

おりものが赤くなったり黄緑になったり海のような色になったり悪臭がしたり魚のようなニオイがしたりするときは病院に行きましょう。